JLPT N4 Grammar #6「V可能形1 (Potenrial Verbs)」

日本語能力試験 N4文法

こんにちは!りゅうめい先生せんせいです。

このページでは、

V可能形1 (Potenrial Verbs)

というN4レベルの文法ぶんぽう勉強べんきょうすることができます。

こちらから、N4のための勉強方法べんきょうほうほうまとめのページをることができます。

レッスン5はこちらです。

それでは一緒いっしょ勉強べんきょうしましょう!

レッスン6

1. 言葉(Vocabulary)

最初(さいしょ)こと勉強(べんきょう)します。

(こと)()は この(どう)()で (べん)(きょう)しましょう。

2. 文法・例文(Grammar / Example)

こと勉強(べんきょう)した(あと)で、文法(ぶんぽう)勉強(べんきょう)をします。

このどう()て、文法(ぶんぽう)勉強(べんきょう)しましょう。

文型(Mẫu câu)

(およ)ます / ()られます can swim / can eat

V可能形1 (Potenrial Verbs)

【V可能形(かのうけい)
日本語(にほんご)では、特定(とくてい)表現(ひょうげん)使(つか)(さい)動詞(どうし)変形(へんけい)させる必要(ひつよう)があります。N5で勉強(べんきょう)した「Vて(かたち)」や「Vない(けい)」、「V辞書形(じしょけい)」「Vた(けい)」などと(おな)じように、「V可能形(かのうけい)」も動詞(どうし)活用(かつよう)一種(いっしゅ)です。

動詞(どうし)のグループによって活用(かつよう)仕方(しかた)(ちが)います。

[グループ1]
グループ1の動詞(どうし)は、「ます」の(まえ)(おん)(かなら)ず「」の(だん)(おん)になっています。グループ1の動詞(どうし)を「V可能形(かのうけい)」にするとき、「」の(おと)を「」の(おと)()えます。

<(れい)>
()ます→()ます
()ます→()ます
(はな)ます→(はな)ます

[グループ2]
グループ2の動詞(どうし)を「V可能形(かのうけい)」にするとき、「ます」の(まえ)に「られ」をつけます。

<(れい)>
()べます→()られます
(かんが)えます→(かんが)られます

[グループ3]
します」は「できます」になります。「()ます」は「()られます」になります。

<れい>
しますできます
勉強(べんきょう)します勉強(べんきょう)できます
()ます()られます

*注意(ちゅうい)*
グループ2の動詞(どうし)と「()ます」は、可能形(かのうけい)(ときられます」になりますが、会話(かいわ)(とき)は「ら」を()わないことが(おお)いです。これを「()言葉(ことば)」と()います。

<(れい)>
()られます→()ます
()られます→()ます

さいごに

だい6かいぶんぽうがわかりましたか?

かいできたら、ぶんれいぶんつくりましょう!

ことぶんぽうべんきょうしたら、つぎは だい7かいを べんきょうしましょう!

Follow me!

PAGE TOP