JLPT N4 Grammar #51「Vる / Vない ように」

日本語能力試験 N4文法

こんにちは!りゅうめい先生せんせいです。

このページでは、

Vる / Vない ように

というN4レベルの文法ぶんぽう勉強べんきょうすることができます。

こちらから、N4のための勉強方法べんきょうほうほうまとめのページをることができます。

レッスン50はこちらです。

それでは一緒いっしょ勉強べんきょうしましょう!

レッスン51

1. 言葉(Vocabulary)

最初(さいしょ)こと勉強(べんきょう)します。

(こと)()は この(どう)()で (べん)(きょう)しましょう。

2. 文法・例文(Grammar / Example)

こと勉強(べんきょう)した(あと)で、文法(ぶんぽう)勉強(べんきょう)をします。

このどう()て、文法(ぶんぽう)勉強(べんきょう)しましょう。

文型(Sentence Pattern)

(わす)れないように、メモします。 Write it down so that you don’t forget.

Vる / Vない ように

「Vる / Vない ように」という文法(ぶんぽう)使(つか)うことで、目的(もくてき)(あらわ)すことができます。一般的(いっぱんてき)に、無意志(むいし)動詞(どうし)動詞(どうし)可能形(かのうけい),動詞(どうし)()定形(ていけい)使(つか)われることが(おお)いです。

*注意(ちゅうい)*
ように」で(あらわ)される目的(もくてき)は、「動作(どうさ)」ではなく「状態(じょうたい)」でなければなりません。
<(れい>
〇「試合(しあい)()てるように練習(れんしゅう)します。」
×「試合(しあい)()ように練習(れんしゅう)します。」

()てる」は、「()つことが可能(かのう)である状態(じょうたい)」を(あらわ)すので、「ように」という文法(ぶんぽう)一緒(いっしょ)使(つか)うことができます。ですが、「()」は「()つという動作(どうさ)」を(あらわ)すので、「ように」という文法(ぶんぽう)一緒(いっしょ)使(つか)うことができません。

この場合(ばあい)、「ように」の()わりに「ために」という文法(ぶんぽう)使(つか)うことで(ただ)しい(ぶん)になります。

〇「試合(しあい)()ために練習(れんしゅう)します。」

ために」という文法(ぶんぽう)は、「ある動作(どうさ)をする」という目的(もくてき)(あらわ)(とき)使(つか)文法(ぶんぽう)です。「ために」はN4の(だい)79(かい)勉強(べんきょう)します。

1. 電車(でんしゃ)()()ように(いえ)()ました。
 I left home so that I could catch the train in time.

2. 試合(しあい)()てるように毎日(まいにち)練習(れんしゅう)しています。
 I practice every day so that I can win in games.

3. 試験(しけん)合格(ごうかく)できるように勉強(べんきょう)頑張(がんば)ってください。
 Study hard so that you can pass the exam.

4. なくさないように()()けてください。
 Be careful so that you don’t lose it.

5. ()とさないように、かばんに()れておきます。
 Put it in your bag so that you don’t drop it.

さいごに

だい51かいぶんぽうがわかりましたか?

かいできたら、ぶんれいぶんつくりましょう!

ことぶんぽうべんきょうしたら、つぎは だい52かいを べんきょうしましょう!

お問い合わせはこちら

日本への留学に関するアドバイスや最新情報の提供については、みのり教育までお気軽にお問い合わせください。

MINORI EDUCATION – minori.edu@gmail.com






    お名前
    *

    メールアドレス
    *

    電話番号
    *

    留学相談
    *


    日本語能力試験 N4文法
    Minori Education
    PAGE TOP