JLPT N4 Grammar #47「V条件形2 (conditional form)」

日本語能力試験 N4文法

こんにちは!りゅうめい先生せんせいです。

このページでは、

V条件形2 (conditional form)

というN4レベルの文法ぶんぽう勉強べんきょうすることができます。

こちらから、N4のための勉強方法べんきょうほうほうまとめのページをることができます。

レッスン47はこちらです。

それでは一緒いっしょ勉強べんきょうしましょう!

レッスン47

1. 言葉(Vocabulary)

最初(さいしょ)こと勉強(べんきょう)します。

(こと)()は この(どう)()で (べん)(きょう)しましょう。

2. 文法・例文(Grammar / Example)

こと勉強(べんきょう)した(あと)で、文法(ぶんぽう)勉強(べんきょう)をします。

このどう()て、文法(ぶんぽう)勉強(べんきょう)しましょう。

文型(Sentence Pattern)

天気(てんき)()ければ、ここから富士山(ふじさん)()えます。 If the weather is good, Mt. Fuji can be seen from here.

V条件形(じょうけんけい)2 (conditional form)

」という文法(ぶんぽう)は、N5で勉強(べんきょう)した「たら」や「」と(おな)じように、条件(じょうけん)(あらわ)します。この「」という文法(ぶんぽう)は、(こう)(ぶん)成立(せいりつ)させるための必要(ひつよう)条件(じょうけん)(あらわ)します。

たら」と「」と「」についてまとめます。

たら
前文(ぜんぶん)成立(せいりつ)したときのことについて()うときに使(つか)います。
(はる)になったら(さくら)()きます。」
(はる)になるという条件(じょうけん)成立(せいりつ)した(あと)あと)(さくら)()くということを(あらわ)しています。


前文(ぜんぶん)成立(せいりつ)したときに(こう)(ぶん)連続的(れんぞくてき)成立(せいりつ)することを表す(とき)使(つか)われます。
(はる)になる(さくら)()きます。」
(はる)になるという条件(じょうけん)成立(せいりつ)した(あと)あと)(さくら)()くという事象(じしょう)連続的(れんぞくてき)発生(はっせい)することを(あらわ)します。


(こう)(ぶん)成立(せいりつ)させるための必要(ひつよう)条件(じょうけん)(あらわ)します。
はるになれさくらきます。」
(さくら)()くという事象(じしょう)成立(せいりつ)するための条件(じょうけん)として、「(はる)になる」ことが必要(ひつよう)であるということを(あらわ)しています。

1.教科書(きょうかしょ)()ればわかります。
  If you look at the textbooks, you’ll see.

2.(くるま)()けば10(ふん)()きます。
  If you drive, you can get there in 10 minutes.

3.パスポートを()っていなければ外国(がいこく)()けません。
  If you do not have a passport, you cannot go abroad.

4.明日(あした)都合(つごう)()ければ一緒(いっしょ)(あそ)びに()きませんか。
  If it is convenient for you tomorrow, why don’t you come and visit somewhere with us?

5.(いえ)(かえ)りたければ(かえ)ってもいいです。
  If you want to go home, you can go home.

さいごに

だい47かいぶんぽうがわかりましたか?

かいできたら、ぶんれいぶんつくりましょう!

ことぶんぽうべんきょうしたら、つぎは だい48かいを べんきょうしましょう!

お問い合わせはこちら

日本への留学に関するアドバイスや最新情報の提供については、みのり教育までお気軽にお問い合わせください。

MINORI EDUCATION – minori.edu@gmail.com






    日本語能力試験 N4文法
    Minori Education
    PAGE TOP