JLPT N4 Grammar #30「Vます→N」

日本語能力試験 N4文法

こんにちは!りゅうめい先生せんせいです。

このページでは、

Vます→N

というN4レベルの文法ぶんぽう勉強べんきょうすることができます。

こちらから、N4のための勉強方法べんきょうほうほうまとめのページをることができます。

レッスン29はこちらです。

それでは一緒いっしょ勉強べんきょうしましょう!

レッスン30

1. 言葉(Vocabulary)

最初(さいしょ)こと勉強(べんきょう)します。

(こと)()は この(どう)()で (べん)(きょう)しましょう。

2. 文法・例文(Grammar / Example)

こと勉強(べんきょう)した(あと)で、文法(ぶんぽう)勉強(べんきょう)をします。

このどう()て、文法(ぶんぽう)勉強(べんきょう)しましょう。

文型(Sentence Pattern)

(やす) (あそ) (もう)()

Vます→N

日本語(にほんご)動詞(どうし)は、(すべ)て「ます」という(かたち)(あらわ)すことができます。この「ます」の「ます」(3グループの「~します」の場合(ばあい)は「します」)の部分(ぶぶん)()(のぞ)くことで、動詞(どうし)名詞(めいし)()えることができます。

<(れい)>
()()します()()
(かえ)ます(かえ)
洗濯(せんたく)します洗濯(せんたく
(あそ)ます (あそ)
(かざ)ます(かざ)

(すべ)ての動詞(どうし)がこのルールにあてはまるわけではなく、「()ます」や「()ます」のように、「ます」の「ます」の(まえ)が1文字(もじ)場合(ばあい)名詞(めいし)としてはみなされにくいです。しかし、「昼寝(ひるね)」や「よそ()」のように、(ほか)言葉(ことば)()()わせて使(つか)うことで、名詞(めいし)としてみなされる場合(ばあい)もあります。

さいごに

だい30かいぶんぽうがわかりましたか?

かいできたら、ぶんれいぶんつくりましょう!

ことぶんぽうべんきょうしたら、つぎは だい31かいを べんきょうしましょう!

Follow me!

PAGE TOP