カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

みんなの日本語 初級1|第2課

第2課

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

第2課(だい2か)の 文法(ぶんぽう)は 4つです。
動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

5①「これ/それ/あれは〜です」
6②「それは(N1)ですか、(N2)ですか」
7③「(内容)の(もの)です」
8④「(人)の(もの)」「(人)の」
9⑤「この/その/あのNは~のです」

① 「これ/それ/あれは〜です」

「これ」
▶️ 話(はな)し手(て)の近(ちか)くにあるものを指(さ)します。


「それ」
▶️ 聞(き)き手(て)の近(ちか)くにあるものを指(さ)します。


「あれ」
▶️ 話(はな)し手(て)と聞(き)き手(て)の両方(りょうほう)から離(はな)れたものを指(さ)します。

1. これは ペンです。

2. これは 何(なん)ですか。

  それは ボールペンです。

3. それは 何(なん)ですか。

  これは りんごです。

4. あれは 何(なん)ですか。

  あれは オレンジです。

② 「それは(N1)ですか、(N2)ですか」

2(ふた)つ以上(いじょう)の選択肢(せんたくし)がありどれかわからない時(とき)、「~ですか、~ですか。」を使(つか)います。

5. これは ボールペンですか、シャープペンシルですか

  ボールペンです。

6. これは 1ですか、 7ですか

  7です。

7. これは 英語(えいご)の本(ほん)ですか、フランス語(ご)の本(ほん)ですか

  英語(えいご)の本(ほん)です。

③ 「(内容)の(もの)です」

どんな内容(ないよう)のものか示(しめ)すとき、(もの)の前(まえ)に「の」を置(お)いて、「の」の前(まえ)に(内容)を置(お)きます。

8. これは 英語(えいご)本(ほん)です。

9. それは 何(なん)雑誌(ざっし)ですか。

  車(くるま)雑誌(ざっし)です。

④ 「(人)の(もの)」「(人)の」

誰(だれ)のものか示(しめ)すとき、(もの)の前(まえ)に「の」を置(お)いて、「の」の前(まえ)に(人)を置(お)きます。

この時(とき)、(もの)を言(い)わなくてもわかる場合(ばあい)は(もの)を省略(しょうりゃく)することができます。

10. これは 私(わたし)手帳(てちょう)です。

11. それは 田中(たなか)さんりんごです。

12. あれは 誰(だれ)オレンジですか。

   あれは 山本(やまもと)さんです。

13. これは 私(わたし)です。

14. それは 田中(たなか)さんです。

⑤ 「この/その/あのNは~のです」

「この」「その」「あの」は名詞(めいし)の前(まえ)に置(お)きます。

意味は「これ」「それ」「あれ」と同じです。

15. このペンは 私(わたし)のペンです。

16. そのりんごは 誰(だれ)のですか。

   このりんごは 田中(たなか)さんのです。

17. あのオレンジは 山本(やまもと)さんのです。

さいごに

第2課の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第3課(だい3か)を 勉強しましょう!→ 第3課

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です