カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

あいり先生のN5文法|第39回

第9課ー2

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

38②「(N)が上手です」

②「(N)が上手です」

日本語(にほんご)の動詞(どうし)や形容詞(けいようし)の中(なか)には、助詞(じょし)「は」の代(か)わりに助詞(じょし)「」を使(つか)うものがあります。「上手じょうず)(」「下手へた)()」という形容詞(けいようし)は、助詞(じょし)「」を使(つか)うことが多(おお)いです。

*注意(ちゅうい)*
上手じょうず)(」「下手へた)(」という形容詞(けいようし)を使(つか)うときに、必(かなら)ず助詞(じょし)「」を使(つか)うわけではありません。

1.山下(やました)さんは 料理(りょうり) 上手じょうずです。

2.太郎(たろう)くんは 野球(やきゅう) 上手じょうずです。

3.山田(やまだ)さんは ダンス 上手じょうずです。

4.佐々木(ささき)さんは 歌(うた) とても 上手じょうずです。

5.渡辺(わたなべ)さんは 料理(りょうり) 上手じょうずじゃありません。

6.沢井(さわい)さんは 英語(えいご) 上手じょうずじゃありません。

7.村田(むらた)さんは 絵(え) 上手じょうずじゃありません。

8.父(ちち)は 歌(うた) あまり 上手じょうずじゃありません。

9.子(こ)どもは 絵(え) 上手じょうずですか。

  はい、上手じょうずです。

  いいえ、(あまり)上手じょうずじゃありません。

  いいえ、下手へたです。

10.子(こ)どもは 字(じ)が 上手じょうずですか。

  はい、上手じょうずです。

11.マリーさんは 日本語(にほんご) 上手じょうずですか。

  はい、とても 上手じょうずです。

さいごに

第9課-2の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第9課-3(だい9か-3)を 勉強しましょう!→ 第9課ー3

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

あいり先生のN5文法|第38回

第9課ー1

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

37①「(N)が好きです」

①「(N)が好きです」

日本語(にほんご)の動詞(どうし)や形容詞(けいようし)の中(なか)には、助詞(じょし)「は」の代(か)わりに助詞(じょし)「」を使(つか)うものがあります。「」「きら」という形容詞(けいようし)は、助詞(じょし)「」を使(つか)うことが多(おお)いです。

どんな」を使(つか)って質問(しつもん)することで、より具体的(ぐたいてき)な答(こた)えを求(もと)めることができます。

*注意(ちゅうい)*
」「きら)」という形容詞(けいようし)を使(つか)うときに、必(かなら)ず助詞(じょし)「」を使(つか)うわけではありません。

1.私(わたし)は コーヒー です。

2.佐藤(さとう)さんは お酒(さけ) です。

3.江藤(えとう)さんは ダンス です。

4.マリーさんは 桜(さくら) とても です。

5.私(わたし)は 野菜(やさい) じゃありません。

6.私(わたし)は スポーツ じゃありません。

7.たろうくんは 薬(くすり) じゃありません。

8.おとうさんは カラオケ あまり じゃありません。

9.マリーさんは 日本料理(にほんりょうり) ですか。

  はい、です。

  いいえ、じゃありません。

  いいえ、きらです。

10.どんな 日本料理(にほんりょうり) ですか。

  お寿司(すし) です。

11.どんな 音楽(おんがく) ですか。

  クラシック です。

12.どんな スポーツ ですか。

  サッカー です。

さいごに

第9課-1の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第9課-2(だい9か-2)を 勉強しましょう!→ 第9課ー2

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

あいり先生のN5文法|第37回

第8課ー4

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

36④「〜は〜です。そして・・・です」「Nは~ですが、・・・です」

④「〜は〜です。そして・・・です」「Nは~ですが、・・・です」

そして」を使(つか)うことで、前(まえ)の文(ぶん)に情報(じょうほう)を付(つ)け加(くわ)えることができます。

しかし、前(まえ)の文(ぶん)が肯定的(こうていてき)な意味(いみ)である場合(ばあい)、後(うし)ろに否定的(ひていてき)な意味(いみ)を持(も)つ言葉(ことば)を付(つ)け加(くわ)えることができません。また、逆(ぎゃく)も同様(どうよう)に、前(まえ)の文(ぶん)が否定的(ひていてき)な意味(いみ)である場合(ばあい)、後(うし)ろに肯定的(こうていてき)な意味(いみ)を持(も)つ言葉(ことば)を付(つ)け加(くわ)えることができません。

そのような場合(ばあい)は「そして」の代(か)わりに「」を使(つか)います。「」を使(つか)う場合(ばあい)は前(まえ)の文(ぶん)と後(うし)ろの文(ぶん)を合(あ)わせて1つの文(ぶん)にします。

1.これは 白(しろ)いです。そして、かわいいです。

2.田中(たなか)さんは 親切(しんせつ)です。そして、静(しず)かです。

3.このコップは 古(ふる)いです、素敵(すてき)です。

4.山本(やまもと)さんは 面白(おもしろ)いです、ハンサムじゃありません。

さいごに

第8課-4の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第9課-1(だい9か-1)を 勉強しましょう!→ 第9課ー1

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

あいり先生のN5文法|第36回

第8課ー3

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

35③「(なA)な+(N)」「(いA)い+(N)」

③「(なA)な+(N)」「(いA)い+(N)」

日本語(にほんご)では、名詞(めいし)の前(まえ)に形容詞(けいようし)を置(お)いて、名詞(めいし)を修飾(しゅうしょく)します。形容詞(けいようし)の形(かたち)を変(か)える必要(ひつよう)はありません。

人(ひと)やものなどの状態(じょうたい)や性質(せいしつ)を尋ねるときは、「どんな+【人(ひと)・もの】」を使(つか)います。

1.東京(とうきょう)は にぎやかなまちです。

2.母(はは)は 親切しんせつ人(ひと)です。

3.これは ちいさい時計(とけい)です。

4.これは むずかしい本(ほん)です。

5.田中(たなか)さんのお母(かあ)さんは どんな人(ひと)ですか。

  私(わたし)の母(はは)は 綺麗きれい人(ひと)です。

6.山本(やまもと)さんのお父(とう)さんは どんな人(ひと)ですか。

  私(わたし)の父(ちち)は いそがしい人(ひと)です。

7.中国(ちゅうごく)は どんな国(くに)ですか。

  中国(ちゅうごく)は にぎやかな国(くに)です。

さいごに

第8課-3の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第8課-4(だい8か-4)を 勉強しましょう!→ 第8課ー4

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

あいり先生のN5文法|第35回

第8課-2

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

34②「(い)けいようし」

②「(い)けいようし」

日本語(にほんご)の形容詞(けいようし)には、い形容詞(けいようし)とな形容詞(けいようし)の2つのグループがあります。第8課―2では、い形容詞けいようしを勉強(べんきょう)します。

肯定形(こうていけい)の文(ぶん)でい形容詞けいようしを使(つか)う場合(ばあい)は、い形容詞けいようしの後(うし)ろに「です」を置(お)きます。

否定形(ひていけい)の文(ぶん)でい形容詞けいようしを使(つか)う場合(ばあい)は、い形容詞けいようしの「」の部分(ぶぶん)を「」に変(か)えて、後(うし)ろに「ないです」を置(お)きます。「ないです」の代(か)わりに「ありません」を使(つか)うこともできます。

疑問文(ぎもんぶん)でい形容詞けいようしを使(つか)う場合(ばあい)は、い形容詞けいようしの後(うし)ろに「ですか」を置(お)きます。

*注意(ちゅうい)*
「いい」を否定形(ひていけい)にするとき、一文字目(ひともじめ)の「」を「」に変(か)える必要(ひつよう)があります。

❌ いい→ないです/ありません

◯  いい→ないです/ありません

1.あの車(くるま)は おおきいです

2.私(わたし)の猫(ねこ)は ちいさいです

3.女(おんな)の子(こ)の傘(かさ)は あたらしいです

4.宿題(しゅくだい)は やさしないです

  宿題(しゅくだい)は やさしありません

5.ワインは やすないです

  ワインは やすありません

6.カラオケは たのないです

  カラオケは たのありません

7.おかしは おいしいですか

 →はい、おいしいです

 →いいえ、おいしないです

 →いいえ、おいしありません

8.お祭(まつ)りは おもしろいですか

 →はい、おもしろいです

9.それは つめたいですか

 →いいえ、つめたないです

 →いいえ、つめたありません

10.このカメラは ないです

   このカメラは ありません

さいごに

第8課-2の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第8課-3(だい8か-3)を 勉強しましょう!→ 第8課ー3

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

あいり先生のN5文法|第34回

第34回

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

34「(な)けいようし」

①「(な)けいようし」

日本語(にほんご)の形容詞(けいようし)には、い形容詞(けいようし)とな形容詞(けいようし)の2つのグループがあります。第8課―1では、な形容詞けいようしを勉強(べんきょう)します。

肯定形(こうていけい)の文(ぶん)でな形容詞けいようしを使(つか)う場合(ばあい)は、な形容詞けいようしの「」の部分(ぶぶん)を消(け)して、後(うし)ろに「です」を置(お)きます。

否定形(ひていけい)の文(ぶん)でな形容詞けいようしを使(つか)う場合(ばあい)は、な形容詞けいようしの「」の部分(ぶぶん)を消(け)して、後(うし)ろに「じゃありません」を置(お)きます。

疑問文(ぎもんぶん)でな形容詞けいようしを使(つか)う場合(ばあい)は、な形容詞けいようしの「」の部分(ぶぶん)を消(け)して、後(うし)ろに「ですか」を置(お)きます。

1.あの女(おんな)の人(ひと)は きれいです

2.遠藤(えんどう)さんは ハンサムです

3.日本(にほん)は しずです

4.山本(やまもと)さんは 元気げんきじゃありません

5.部長(ぶちょう)は ひまじゃありません

6.子(こ)どもたちは しずじゃありません

7.渡辺(わたなべ)さんは 元気げんきですか

 →はい、元気げんきです

 →いいえ、元気げんきじゃありません

8.山中(やまなか)さんは ひまですか

 →はい、ひまです

 →いいえ、ひまじゃありません

さいごに

第34回の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第34回を 勉強しましょう!→ 第35回

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

あいり先生のN5文法|第33回

第33回

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

33「もう、~しましたか」「はい、もうしました」「いいえ、まだです。」

「もう、~しましたか」「はい、もうしました」「いいえ、まだです。」

第25回で、過去(かこ)に行(おこな)った動作(どうさ)を表(あらわ)す場合(ばあい)は「Vました」と表(あらわ)すことを勉強(べんきょう)しました。

「Vました」には、過去(かこ)に行(おこな)った動作(どうさ)を表(あらわ)すだけではなく、動作(どうさ)が完了(かんりょう)したことを表(あらわ)す機能(きのう)があります。

完了(かんりょう)の意味(いみ)で「Vました」を使(つか)う場合(ばあい)は、「もう」を一緒(いっしょ)に使(つか)うことが多(おお)いです。

肯定形(こうていけい)では過去(かこ)も完了(かんりょう)も「Vました」と表現(ひょうげん)しますが、否定形(ひていけい)の場合(ばあい)は異(こと)なります。

動作(どうさ)が終(お)わっていない場合(ばあい)は、「まだ」を使(つか)います。

<過去(かこ)>
Q.昨日(きのう) ばんごはんを食(た)べましたか。
→はい、食(た)べました
→いいえ、食(た)べませんでした。

<完了(かんりょう)>
Q.もう ばんごはんを食(た)べましたか。
→はい、もう 食(た)べました。
→いいえ、まだです。
→いいえ、まだ 食(た)べていません。(みんなの日本語第31課)

1.田中(たなか)さん、 もう ごはんを 食(た)べましたか。

 →はい、もう 食(た)べました

2.もう 準備(じゅんび)をしましたか。

 →はい、もう しました。

3.マリーさん、 もう 東京(とうきょう)へ行(い)きましたか。

 →いいえ、まだです。

4.もう チケットを買(か)いましたか。

 →いいえ、まだです。

さいごに

第33回の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第34回を 勉強しましょう!→ 第34回

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

あいり先生のN5文法|第32回

第32回

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

32「(人)に(もの)をもらいます」

「(人)に(もの)をもらいます」

「もらいます」や「借(か)ります」のように、人(ひと)に物(もの)や情報(じょうほう)が渡(わた)ることを示(しめ)す動詞(どうし)を使(つか)う場合(ばあい)、物(もの)や情報(じょうほう)を渡(わた)す人(ひと)の後(うし)ろに助詞(じょし)「」を置(お)きます。

」の代わりに、「から」を使(つか)うこともできます。

*注意(ちゅうい)*
❌ 山本やまもとさんは わたし プレゼントを もらいました

「もらいます」を使(つか)う場合(ばあい)、助詞(じょし)「」/「から」の前(まえ)に「私(わたし)」を置(お)くことができません。

上(うえ)の文(ぶん)の「もらいます」を「あげます」に変(か)えて、私(わたし)を主語(しゅご)にすると正(ただ)しい文(ぶん)になります。

◯ わたしは 山本やまもとさんに プレゼントを あげました

1.私(わたし)は 山本(やまもと)さん プレゼントを もらいました。

2.私(わたし)は マリーさん ケーキを もらいました。

3.田中(たなか)さんは 去年(きょねん)の誕生日(たんじょうび)に 何(なに)を もらいましたか。

  私(わたし)は 去年(きょねん)の誕生日(たんじょうび)に 父(ちち) シャツをもらいました。

4.マリーさんは 誰(だれ) そのネックレスをもらいましたか。

  私(わたし)は 母(はは)から このネックレスをもらいました。

さいごに

第32回の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第33回を 勉強しましょう!→ 第33回

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

あいり先生のN5文法|第31回

https://youtu.be/3K02r8pLyao

第31回

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

31「(人)に(もの)をあげます」

「(人)に(もの)をあげます」

「あげます」や「教(おし)えます」のように、人(ひと)に物(もの)や情報(じょうほう)が渡(わた)ることを示(しめ)す動詞(どうし)を使(つか)う場合(ばあい)、物(もの)や情報(じょうほう)を受(う)け取(と)る人(ひと)の後(うし)ろに助詞(じょし)「」を置(お)きます。

*注意(ちゅうい)*
❌ 山本(やまもと)さんは 私(わたし) プレゼントを あげます

「あげます」を使(つか)う場合(ばあい)、助詞(じょし)「」の前(まえ)に「私(わたし)」を置(お)くことができません。

上(うえ)の文(ぶん)の「あげます」を「くれます」に変(か)えると、正(ただ)しい文(ぶん)になります。

◯ 山本(やまもと)さんは 私(わたし) プレゼントを くれます

→(第24課-1)

1.私(わたし)は 山本(やまもと)さん プレゼントを あげます。

2.マリーさんも 山本(やまもと)さん プレゼントを あげます。

3.田中(たなか)さんは 山本(やまもと)さん 何(なに)を あげますか。

  田中(たなか)さんは 山本(やまもと)さん チョコレートを あげます。

4.山本(やまもと)さんは 誰(だれ) プレゼントを あげますか。

  山本(やまもと)さんは みなさん プレゼントを あげます。

さいごに

第31回の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第32回を 勉強しましょう!→ 第32回

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

あいり先生のN5文法|第30回

第30回

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

30「◯◯語で〜Vます」「〜は◯◯語で〜です」

「◯◯語で〜Vます」「〜は◯◯語で〜です」

助詞(じょし)「で」を使(つか)うことで、動作(どうさ)の方法(ほうほう)や手段(しゅだん)を示(しめ)すことができます。(第7課―1

どの言語(げんご)を使(つか)うかについて述(の)べる場合(ばあい)も、助詞(じょし)「」を使(つか)います。

どの言語(げんご)かわからない場合(ばあい)は、「何語なにご)」を使(つか)います。

ある言葉(ことば)を他(ほか)の言語(げんご)で何(なん)というか尋(たず)ねる場合(ばあい)は、「~は○○語(ご)なんですか。」と表現(ひょうげん)します。

1.私(わたし)は 日本語にほんご 話(はな)します。

2.マイケルさんは 英語えいご 話(はな)します。

3.あなたは 何語なにご 話(はな)しますか。

  私(わたし)は 日本語にほんご 話(はな)します。

4.「こんにちは」は 英語えいご “Hello”です。

5.「ありがとう」は 中国語ちゅうごくご “謝謝”です。

6.“Good morning”は 日本語にほんご 何(なん)ですか。

  “Good morning”は 日本語にほんご 「おはようございます」です。

さいごに

第30回の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第31回を 勉強しましょう!→ 第31回