あいり先生のN5文法|第47回

日本語能力試験 N5文法

第47回

1. 言(こと)葉(ば)

(こと)()は この(どう)()で (べん)(きょう)しましょう。

2. 文法(ぶんぽう)・例文(れいぶん)

(どう)()を みたあとで、 例文(れいぶん)()んでみましょう!

「1つ・1枚(まい)・1人(ひとり)」

(なに)かを(かぞ)えるとき、(すう)()(うし)ろに「つ」「(にん)」「(まい)」「(だい)」などの(こと)()()きます。
ものをかぞえるときは「つ」、(ひと)(かぞ)える(とき)は「(にん)」、(うす)いものを(かぞ)えるときは「(まい)」、()(もの)()(かい)(かぞ)えるときは「(だい)」を使(つか)います。

・ものをかぞえるとき、「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ、やっつ、ここのつ、とお」を使います。11()(じょう)()(あい)は「つ」を使つかいません。「じゅういち、じゅうに、じゅうさん、・・・」のように、(すう)()()(かた)(おな)()(かた)(かぞ)えます。

(ひと)((かぞ)えるとき、「1人ひとり」、「2人ふたり」、「4人よにん」と()います。
(×いちにん、×ににん、×よんにん)
ただし10()(じょう)()(あい)、「11人じゅういちにん」、「12人じゅうににん」と読みます。
4人」は10()(じょう)でも()(かた)()わりません。
(「14人じゅうよにん」「24人:にじゅうよにん」)

ひとつ」「2人(ふたり)」などの(かぞ)えるときに使(つか)(こと)()使(つか)って(ぶん)(つく)るときは、「((かぞ)えるもの:N)+((じょ)())+(つ/人など)」の形が多いです。

・「~つ」で(かぞ)えられるものについて(かず)(しつ)(もん)するときは「いくつ」を使(つか)います。

・「(にん)」や「(まい)」、「(だい)」で(かぞ)えるものについて(かず)(しつ)(もん)するときは、「(なん)」+「(にん)/(まい)/(だい)」を使(つか)います。

1.椅子(いす)が 4つ あります。

2.この部屋(へや)(なか)に (おとこ)(ひと)が 5(にん) います。

3.シャツを 3(まい) ()いました。

4.部屋(へや)に パソコンが 2(だい) あります。

5.みかんを いくつ ()いましたか。

  4つ ()いました。

6.(きょう)(だい)が (なん)(にん) いますか。

  2人(ふたり) います。

7.写真(しゃしん)を 何枚(なんまい) ()りましたか。

  50(まい)ぐらい ()りました。

8.うちに (くるま)が (なん)(だい) ありますか。

  2(だい) あります。

さいごに

(だい)47回の(ぶん)(ぽう)が わかりましたか?

()(かい)できたら、()(ぶん)(れい)(ぶん)(つく)りましょう!

(こと)()(ぶん)(ぽう)(べん)(きょう)したら、つぎは (だい)48(かい)を (べん)(きょう)しましょう!

(だい)48(かい)

(

タイトルとURLをコピーしました