カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

あいり先生のN5文法|第41回

第9課ー4

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

40④「(人)は(N)があります」

④「(人)は(N)があります」

日本語(にほんご)の動詞(どうし)や形容詞(けいようし)の中(なか)には、助詞(じょし)「は」の代(か)わりに助詞(じょし)「」を使(つか)うものがあります。「あります」という動詞(どうし)は、助詞(じょし)「」を使(つか)うことが多(おお)いです。

あります」の前(まえ)に「たくさん」「すこ」「あまり」「全然ぜんぜん」のような副詞(ふくし)を置(お)くことで、量(りょう)の程度(ていど)を表(あらわ)すことができます。

*注意(ちゅうい)*
あります」という動詞(どうし)を使(つか)うときに、必(かなら)ず助詞(じょし)「」を使(つか)うわけではありません。

1.私(わたし)は 車(くるま) あります

2.田中(たなか)さんは 自転車(じてんしゃ) あります

3.本(ほん) たくさん あります

4.ジュース すこ あります

5.お酒(さけ) あまり ありません

6.お金(かね) 全然ぜんぜん ありません

7.マリーさんは 傘(かさ) ありますか。

  はい、 あります

  いいえ、 ありません

8.鈴木(すずき)さんは お金(かね) ありますか。

  いいえ、 あまり ありません

さいごに

第9課-4の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第9課-5(だい9か-5)を 勉強しましょう!→ 第9課ー5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です