あいり先生のN5文法|第85回

第85回

1.言(こと)葉(ば)

(こと)()は この(どう)()で (べん)(きょう)しましょう。

2. 文法(ぶんぽう)・例文(れいぶん)

(どう)()を みたあとで、 例文(れいぶん)()んでみましょう!

「Vます/Vません/Vました/Vませんでした」→「Vる/Vない/Vた/Vなかった」

(どう)()(てい)(ねい)(けい)から()(つう)(けい)(へん)()させるときは、(つぎ)のように(へん)()させる(ひつ)(よう)があります。

・「Vます」→「Vる(()(しょ)(けい))」
(れい)
「ごはんを ()べます。」→「ごはんを ()べる。」
(がっ)(こう)へ ()きます。」→「(がっ)(こう)へ ()く。」

・「Vません」→「Vない(ない(けい))」
(れい)
「ごはんを ()べません。」→「ごはんを ()べない。」
(がっ)(こう)へ ()きません。」→「(がっ)(こう)へ ()かない。」

・「Vました」→「Vた(た(けい))」
(れい)
「ごはんを ()べました。」→「ごはんを ()べた。」
(がっ)(こう)へ ()きました。」→「(がっ)(こう)へ ()った。」

・「Vませんでした」→「Vなかった」
れい
「ごはんを ()べませんでした。」→「ごはんを ()べなかった。」
(がっ)(こう)へ ()きませんでした。」→「(がっ)(こう)へ ()かなかった。」

()(もん)(ぶん)
(どう)()()(つう)(けい)使(つか)って()(もん)(ぶん)(つく)(とき)は、(てい)(ねい)(けい)()(もん)(ぶん)(つく)(とき)使(つか)う「か」を()します。
(れい)
「ごはんを ()べましたか。」→「ごはんを ()べた?」
このとき、(へい)(じょ)(ぶん)()(もん)(ぶん)()(べつ)するために、(さい)()()()(たか)(はつ)(おん)します。(ぶん)(ほう)(かい)(せつ)(どう)()(おん)(せい)をよく()いて、(はつ)(おん)(れん)(しゅう)をしましょう。

()(つう)(たい)(しつ)(もん)(こた)えるときは、(てい)(ねい)(たい)(しつ)(もん)(こた)えるときと(こと)()(こと)なります。
「はい」→「うん
「いいえ」→「ううん

(ちゅう)()
「あります」を()(つう)(けい)にすると「ある」になりますが、「ありません」を()(つう)(けい)にすると「ない」になります。よく使(つか)うので(おぼ)えておきましょう。

1.明日(あした) ()(けん)が ある。

2.(わたし)は (えい)()が (ぜん)(ぜん) わからない。

3.昨日(きのう) (とも)(だち)と (あそ)んだ。

4.マリーさんは ()なかった。

5.(いま) お(かね)が ない

6.明日(あした) (がっ)(こう)へ ()く?

  うん()く。

  ううん()かない。

さいごに

だい85かいぶんぽうがわかりましたか?

かいできたら、ぶんれいぶんつくりましょう!

ことぶんぽうべんきょうしたら、つぎは だい86かいを べんきょうしましょう!

だい86かい

タイトルとURLをコピーしました