カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

あいり先生のN5文法|第71回

第71回

1.(こと)()

(こと)()は この(どう)()で (べん)(きょう)しましょう。

【Vない形】

(だい)59(かい)()(ほん)()(どう)()には、3つのグループがあることを(べん)(きょう)しました。((わす)れてしまった(ひと)は、もう(いち)()(だい)59(かい)(せつ)(めい)()(ふく)(しゅう)しましょう。)

【Vない(けい)
()(ほん)()では、(とく)(てい)(ひょう)(げん)使(つか)(さい)(どう)()(へん)(けい)させる(ひつ)(よう)があります。(だい)59(かい)(べん)(きょう)した「Vて(けい)」と(どう)(よう)、「Vない(けい)」も(どう)()(かつ)(よう)(いっ)(しゅ)です。

(どう)()のグループによって(かつ)(よう)()(かた)(ちが)います。


(グループⅠ)
グループⅠの(どう)()は、「ます」の(まえ)(おと)(かなら)ず「(だん)(おと)になっています。グループⅠの(どう)()を「Vない(けい)」にする()(あい)、これを「(だん)(おと)()える(ひつ)(よう)があります。そして、「ます」をして「ない」をつけます。

(れい))「()ます」→「()ない
(かえ)ます」→「(かえ)ない
()ます」→「()ない
(あそ)ます」→「(あそ)ない
()ます」→「()ない
(およ)ます」→「(およ)ない
()ます」→「()ない

ですが、グループⅠの(どう)()で「ます」の(まえ)(おと)が「」の()(あい)は、「」ではなく「」に()える(ひつ)(よう)があります。そして、「ます」をして「ない」をつけます。

(れい))「()ます」→「()ない
()ます」→「()ない
(はら)ます」→「(はら)ない


(グループⅡ)
グループⅡの(どう)()を「Vない(けい)」にする()(あい)、「ます」を()して「ない」をつけます。

(れい))「()ます」→「()ない
()ます」→「()ない
()ます」→「()ない


(グループⅢ)
「します」は、「ます」を()して「ない」をつけます。
()ます」は、「」を「」に()えて、「ます」を()して「ない」をつけます。

(れい))「します」→「しない
(べん)(きょう)ます」→「(べん)(きょう)ない
()ます」→「()ない

さいごに

だい71かいぶんぽうがわかりましたか?

かいできたら、ぶんれいぶんつくりましょう!

ことぶんぽうべんきょうしたら、つぎは だい72かいを べんきょうしましょう!

だい72かい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です