カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

あいり先生のN5文法|第54回

④「〜と・・とどちらが(なA/いA)ですか」「〜のほうが(なA/いA)です」

2人または2つのものの(なか)から(いっ)(ぽう)(あい)()(えら)ばせるとき、「どちら」という()(もん)()使(つか)います。

「〜・・どちら(なA/いA)ですか」という(ひょう)(げん)使(つか)うことで、「~」と「・・」のうち、どちらが(けい)(よう)()(ない)(よう)にあてはまるかを(あい)()(えら)ばせることができます。

「〜のほうが(なA/いA)です」という(ひょう)(げん)は、2つある(せん)(たく)(())のうち、(えら)んだものが(えら)ばなかったものよりも(けい)(よう)()(ない)(よう)()てはまるということを(あらわ)すときに使(つか)います。「~」も「・・」も(けい)(よう)()(ない)(よう)にあてはまる場合は、「どちらも(なA/いA)です」と()います。

1.明日(あした) 明後日(あさって) どちら (ひま)ですか

  明後日(あさって)のほうが (ひま)です。

2.()(ほん)() (ちゅう)(ごく)() どちら (むずか)しいですか

  (ちゅう)(ごく)()のほうが (むずか)しいです。

3.()(なか)さん (やま)()さん どちら (うた)が (じょう)()でしたか

  ()(なか)さんのほうが (じょう)()でした。

4.(とう)(きょう) (おお)(さか) どちら (たの)しかったですか

  (おお)(さか)のほうが (たの)しかったです。

5.()(なか)さん (やま)()さん どちら (しん)(せつ)ですか

  どちらも (しん)(せつ)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です