カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

あいり先生のN5文法|第104回

第104回

1.(こと)()

(こと)()は この(どう)()で (べん)(きょう)しましょう。

④「((ひと))は〜Vてくれます」

「((ひと))は〜Vてくれます」という文法(ぶんぽう)使(つか)うことで、「((ひと))」がする行為(こうい)によって、(はな)()恩恵(おんけい)()けることを(あらわ)すことができます。(だい)103(かい)の「(わたし)は((ひと))にVてもらいます」という文法(ぶんぽう)()ていますが、それぞれ(ぶん)主語(しゅご)(こと)なります。混同(こんどう)しないようにしましょう。

(れい)
「Vてもらいます」
わたしは(ちち)自転車(じてんしゃ)修理(しゅうり)してもらいました

「Vてくれます」
(ちち)自転車(じてんしゃ)修理(しゅうり)してくれました

また、「Vませんか」という文法(ぶんぽう)一緒(いっしょ)使(つか)うことで、()()にお(ねが)いをすることができます。

(れい)
ケータイを()してくれませんか

ええ、いいですよ。

1.山田(やまだ)さんはノートを()せてくれました

2.マリーさんは英語(えいご)(おし)えてくれました

3.先週(せんしゅう)(ちち)東京(とうきょう)()れて(t)eってくれました

4.佐藤(さとう)さんは昨日(きのう)(かさ)()してくれました

5.すみません、ちょっと()(つだ)ってくれませんか

  ええ、いいですよ。

さいごに

だい104かいぶんぽうがわかりましたか?

かいできたら、ぶんれいぶんつくりましょう!

ことぶんぽうべんきょうしたら、つぎは だい105かいを べんきょうしましょう!

だい105かい