カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

みんなの日本語 初級1|第11課ー4

第11課ー4

1. (こと)()

(こと)()は この(どう)()で (べん)(きょう)しましょう。

2.文法(ぶんぽう)例文(れいぶん)

(どう)()を みたあとで、 例文(れいぶん)()んでみましょう!

文法(ぶんぽう)

49④「(時間/お金)かかります」

④「(時間/お金)かかります)」

「(()(かん)(かね))」+「かかります」を使(つか)うことで、()(よう)(しょ)(よう)()(かん)(あらわ)すことができます。

1.(おお)(さか)から (とう)(きょう)まで (しん)(かん)(せん)で ()(かん)ぐらい かかります

2.うちから (がっ)(こう)まで (ある)いて 15(ふん)ぐらい かかります

3.(えき)から (かい)(しゃ)まで バスで 290(えん) かかります

4.(とう)(きょう)から (ほっ)(かい)(どう)まで ()(こう)()で (まん)(えん)ぐらい かかります

5.ここから (えき)まで タクシーで どのくらい かかりますか。

  15(ふん)ぐらい かかります

6.ここから (えき)まで タクシーで いくら かかりますか。

  2000(えん)ぐらい かかります

さいごに

(だい)11()-4の(ぶん)(ぽう)が わかりましたか?

()(かい)できたら、()(ぶん)(れい)(ぶん)(つく)りましょう!

(こと)()(ぶん)(ぽう)(べん)(きょう)したら、つぎは (だい)11()-2を (べん)(きょう)しましょう!→ (だい)12()-1

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

みんなの日本語 初級1|第11課ー3

第11課ー3

1. (こと)()

(こと)()は この(どう)()で (べん)(きょう)しましょう。

2.文法(ぶんぽう)例文(れいぶん)

(どう)()を みたあとで、 例文(れいぶん)()んでみましょう!

文法(ぶんぽう)

48③「1しゅうかん〜ます」

③「1しゅうかん〜ます」

(どう)()(まえ)()(かん)(あらわ)(こと)()()くことで、(どう)()(おこな)われる()(かん)(あらわ)すことができます。

()(かん)について質問(しつもん)するときは、「どのくらい」を使(つか)います。

1.(しゅう)(かん) (かい)(しゃ)を (やす)みます。

2.()(げつ) ()(ほん)()を (べん)(きょう)しました。

3.(まい)(にち) ()(かん) (はたら)きます。

4.昨日(きのう) ()(かん) サッカーを しました。

5.どのくらい ()(ほん)に いますか。

  (ねん)ぐらい います。

さいごに

(だい)11()-3の(ぶん)(ぽう)が わかりましたか?

()(かい)できたら、()(ぶん)(れい)(ぶん)(つく)りましょう!

(こと)()(ぶん)(ぽう)(べん)(きょう)したら、つぎは (だい)11()-4を (べん)(きょう)しましょう!→ (だい)11()-4

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

みんなの日本語 初級1|第11課ー2

第11課ー2

1. (こと)()

(こと)()は この(どう)()で (べん)(きょう)しましょう。

2.文法(ぶんぽう)例文(れいぶん)

(どう)()を みたあとで、 例文(れいぶん)()んでみましょう!

文法(ぶんぽう)

47②「1しゅうかんに1かい〜Vます」

②「1しゅうかんに1かい〜Vます」

()(かん)」+「」+「(かい)」を使(つか)うことで、(どう)()(ひん)()(あらわ)すことができます。

1.1(しゅう)(かん) (かい) レストランへ ()きます。

2.2か(げつ) (かい) (えい)()を ()ます。

3.1(しゅう)(かん) (かい) サッカーを します。

4.1(ねん) (かい) コンサートへ ()きます。

5.1(しゅう)(かん) (なん)(かい) さけを みますか。

  (かい) ()みます。

さいごに

(だい)11()-2の(ぶん)(ぽう)が わかりましたか?

()(かい)できたら、()(ぶん)(れい)(ぶん)(つく)りましょう!

(こと)()(ぶん)(ぽう)(べん)(きょう)したら、つぎは (だい)11()-3を (べん)(きょう)しましょう!→ (だい)11()-3

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

みんなの日本語 初級1|第10課ー4

第10課ー4

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

45④「(N)は(ばしょ)にいます。」

第10課-1,2で「(ばしょ)(N)あります/います」を使(つか)って、物(もの)や生物(せいぶつ)の存在(そんざい)の表(あらわ)し方(かた)を勉強(べんきょう)しました。

この第10課-4の「(N)(ばしょ)あります/います」も、物(もの)や生物(せいぶつ)の存在(そんざい)を表(あらわ)すことができます。これらはほとんど同(おな)じ意味(いみ)ですが、使(つか)い方(かた)が少(すこ)し違(ちが)います。

物(もの)や動物(どうぶつ)が、ある場所(ばしょ)に存在(そんざい)していることを伝(つた)える場合(ばあい)は「(ばしょ)(N)あります/います」を使(つか)います。

物(もの)や動物(どうぶつ)が、どこにあるか/いるかを伝(つた)える場合(ばあい)は「(N)(ばしょ)あります/います」を使(つか)います。


例1. 街(まち)のことをあまり知(し)らない人(ひと)に、レストランがあることを紹介(しょうかい)する場合(ばあい)
◯あのデパートの中(なか) レストラン あります
△レストラン あのデパートの中(なか) あります


例2. レストランの場所(ばしょ)を尋(たず)ねられ、それに答(こた)える場合(ばあい)
△あのデパートの中(なか) レストラン あります
◯レストラン あのデパートの中(なか) あります

1.佐藤(さとう)さん 教室(きょうしつ) います

2.ホッチキス 机(つくえ)の中(なか) あります

3.コンビニ 駅(えき)の隣(となり) あります

4.私(わたし) 学校(がっこう)の近(ちか)く います

5.佐藤さん そこ いますか。

  はい、 います

  いいえ、 いません

6.田中(たなか)さん どこ いますか。

  事務所(じむしょ) います

さいごに

第10課-4の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第11課-1(だい11か-1)を 勉強しましょう!→ 

第11課-1

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

みんなの日本語 初級1|第10課ー3

第10課ー3

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

44③「〜の(上/下/右/左/となり)に〜がいます。」

③「〜の(上/下/右/左/となり)に〜がいます」

「名詞(めいし) +  + うえ)/した)/みぎ)/ひだり)/となり…+ 」のように、「名詞(めいし)+」の後(うし)ろに位置(いち)や方向(ほうこう)を示(しめ)す言葉(ことば)を置(お)くことで、名詞(めいし)との位置(いち)関係(かんけい)を示(しめ)すことができます。

1.冷蔵庫(れいぞうこ) なか 牛乳(ぎゅうにゅう)が あります。

2.木(き) した )が います。

3.郵便局(ゆうびんきょく) まえ ポストが あります。

4.机(つくえ) うえ 自転車(じてんしゃ)の鍵(かぎ)が ありますか。

  はい、 あります。

  いいえ、 ありません。

5.田中(たなか)さん ちか)く 誰(だれ)が いますか。

  佐藤(さとう)さんが います。

さいごに

第10課-3の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第10課-4(だい10か-4)を 勉強しましょう!→ 第10課-4

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

みんなの日本語 初級1|第10課ー2

第10課ー2

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

43②「(ばしょ)に(N)がいます」

②「(ばしょ)に(N)がいます」

人(ひと)や動物(どうぶつ)など、それ自体(じたい)で動(うご)くことができる生物(せいぶつ)の存在(そんざい)を示(しめ)す場合(ばあい)、助詞(じょし)「」を使(つか)って、「~います」と表現(ひょうげん)します。

また、「~います」の前(まえ)に「(ばしょ)+」を置(お)くことで、生物(せいぶつ)がどこに存在(そんざい)しているのかを表現(ひょうげん)することができます。

1.教室(きょうしつ) 学生(がくせい) います

2.ロビー 男(おとこ)の人(ひと) います

3.公園(こうえん) 子(こ)ども たくさん います

4.うち 犬(いぬ) いますか。

  はい、 います

  いいえ、 いません

5.あそこ 誰(だれ) いますか。

  田中(たなか)さん います

さいごに

第10課-2の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第10課-3(だい10か-3)を 勉強しましょう!→ 第10課-3

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

みんなの日本語 初級1|第10課ー1

第10課ー1

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

42①「(ばしょ)に(N)があります」

①「(ばしょ)に(N)があります」

植物(しょくぶつ)や物体(ぶったい)など、それ自体(じたい)では動(うご)くことができない物(もの)の存在(そんざい)を示(しめ)す場合(ばあい)、助詞(じょし)「」を使(つか)って、「~あります」と表現(ひょうげん)します。

また、「~あります」の前(まえ)に「(ばしょ)+」を置(お)くことで、物(もの)がどこに存在(そんざい)しているのかを表現(ひょうげん)することができます。

1.あそこ ポスト あります

2.2階(かい) 事務所(じむしょ) あります

3.本(ほん) 漢字(かんじ) たくさん あります

4.うち ピアノ ありますか。

  はい、あります

  いいえ、ありません

5.あそこ 何(なに) ありますか。

  喫茶店(きっさてん) あります

さいごに

第10課-1の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第10課-2(だい10か-2)を 勉強しましょう!→ 第10課-2

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

みんなの日本語 初級1|第9課ー5

第9課ー5

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

41⑤「Vますから、・・・」(理由)

⑤「Vますから、・・・」(理由)

から」を使(つか)うことで、「から」の後(うし)ろに続(つづ)く文(ぶん)の理由(りゆう)を表現(ひょうげん)することができます。また、後(うし)ろの文(ぶん)に「から」を付(つ)け加(くわ)えることで、前(まえ)の文(ぶん)の理由(りゆう)を追加(ついか)することができます。

理由(りゆう)を尋(たず)ねるときは、「どうして」を使(つか)います。

1.お金(かね)が ありませんから、 歩(ある)いて 会社(かいしゃ)へ 行(い)きます。

2.映画(えいが)が 好(す)きですから、 1週間(しゅうかん)に1回(かい) 映画館(えいがかん)へ 行(い)きます。

3.今日(きょう) 勉強(べんきょう)します。 明日(あした) 試験(しけん)が ありますから

4.私(わたし)は ビールを 飲(の)みません。 お酒(さけ)が 嫌(きら)いですから

5.どうして 早(はや)く 帰(かえ)りますか。

  今日(きょう)は 妻(つま)の 誕生日(たんじょうび)ですから

さいごに

第9課-5の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第10課-1(だい10か-1)を 勉強しましょう!→ 第10課ー1

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

みんなの日本語 初級1|第9課ー4

第9課ー4

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

40④「(人)は(N)があります」

④「(人)は(N)があります」

日本語(にほんご)の動詞(どうし)や形容詞(けいようし)の中(なか)には、助詞(じょし)「は」の代(か)わりに助詞(じょし)「」を使(つか)うものがあります。「あります」という動詞(どうし)は、助詞(じょし)「」を使(つか)うことが多(おお)いです。

あります」の前(まえ)に「たくさん」「すこ」「あまり」「全然ぜんぜん」のような副詞(ふくし)を置(お)くことで、量(りょう)の程度(ていど)を表(あらわ)すことができます。

*注意(ちゅうい)*
あります」という動詞(どうし)を使(つか)うときに、必(かなら)ず助詞(じょし)「」を使(つか)うわけではありません。

1.私(わたし)は 車(くるま) あります

2.田中(たなか)さんは 自転車(じてんしゃ) あります

3.本(ほん) たくさん あります

4.ジュース すこ あります

5.お酒(さけ) あまり ありません

6.お金(かね) 全然ぜんぜん ありません

7.マリーさんは 傘(かさ) ありますか。

  はい、 あります

  いいえ、 ありません

8.鈴木(すずき)さんは お金(かね) ありますか。

  いいえ、 あまり ありません

さいごに

第9課-4の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第9課-5(だい9か-5)を 勉強しましょう!→ 第9課ー5

カテゴリー
日本語能力試験 N5文法

みんなの日本語 初級1|第9課ー3

第9課ー3

1. 言葉(ことば)

言葉(ことば)は この動画(どうが)で 勉強しましょう。

2.文法・例文(ぶんぽう・れいぶん)

動画(どうが)を みたあとで、 例文(れいぶん)を
よんでみましょう!

《文法》

39③「(N)がわかります」

③「(N)がわかります」

日本語(にほんご)の動詞(どうし)や形容詞(けいようし)の中(なか)には、助詞(じょし)「は」の代(か)わりに助詞(じょし)「」を使(つか)うものがあります。「わかります」という動詞(どうし)は、助詞(じょし)「」を使(つか)うことが多(おお)いです。

わかります」の前(まえ)に「よく」「だいたい」「すこ」「あまり」「全然ぜんぜん」のような副詞(ふくし)を置(お)くことで、理解(りかい)の程度(ていど)を表(あらわ)すことができます。

*注意(ちゅうい)*
わかります」という動詞(どうし)を使(つか)うときに、必(かなら)ず助詞(じょし)「」を使(つか)うわけではありません。

1.田中(たなか)さんは 英語(えいご) わかります

2.マリーさんは 日本語(にほんご) よく わかります

3.村田(むらた)さんは イタリア語(ご) だいたい わかります

4.木村(きむら)さんは 韓国語(かんこくご) すこ わかります

5.川本(かわもと)さんは 中国語(ちゅうごくご) あまり わかりません

6.佐藤(さとう)さんは インドネシア語(ご) 全然ぜんぜん わかりません

7.田村(たむら)さんは スペイン語(ご) わかりますか。

  はい、 わかります

  いいえ、 わかりません

8.川口(かわぐち)さんは フランス語(ご) わかりますか。

  はい、 よく わかります

さいごに

第9課-3の文法(ぶんぽう)が わかりましたか?

理解(りかい)できたら、自分(じぶん)で例文(れいぶん)を 作(つく)りましょう!

言葉と文法を勉強したら、つぎは 第9課-4(だい9か-4)を 勉強しましょう!→ 第9課ー4